Pocket

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、インターネット調査を中心に提供している伊藤忠グループのリサーチ会社です。この度、8回目となる『牛乳の飲用』に関するインターネット調査を2021年4月1日~5日に実施し、10,018件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。

JIJI.comの記事はこちら

 

TOPICS

■牛乳を飲む人は8割強、「ほとんど毎日」が約35%。週一回以上飲む人は6割強。

■牛乳の摂取方法は、「成分無調整牛乳を飲む」が6割弱、「コーヒー・紅茶などに入れる」が約35%。牛乳を摂取するよう意識している人は牛乳摂取者の6割弱。「あまり意識していない」が3割強。

 

◆牛乳の飲用頻度

牛乳を飲む人は8割強、「ほとんど毎日」が35.3%です。週1回以上飲む人は6割強。

◆牛乳の飲用場面(複数回答)

牛乳を飲む場面は、「朝食時」が飲用者の53.1%、「間食・おやつ時」が26.6%、「昼食時」「のどが渇いたとき」「風呂上がり」「起床時」が各1割強となっています。

飲用頻度が高い人ほど、「朝食時」の比率が高い傾向です。

 

◆牛乳の飲用理由(複数回答)

牛乳を飲む理由は、「カルシウムが取れる」「健康に良い」「おいしい」「栄養が豊富」が飲用者の各40%台、「コーヒー・紅茶などと混ぜて飲める」「良好のタンパク質が摂れる」が2~3割です。

「コーヒー・紅茶などに混ぜる」と答えたのは女性が男性を大きく上回ります。

「健康に良い」は高年齢層、「カルシウムが摂れる」「骨粗しょう症が心配」は女性高年齢層が高くなっています。

 

◆最もよく購入する牛乳のメーカー・製造者

最もよく購入するメーカーは「明治」が飲用者の14%、「雪印メグミルク」「森永乳業」が7~8%、「上記以外のメーカー・地元乳業」が18.2%です。

「特に決めていない」は23%となっています。

 

◆購入時の重視点(複数回答)

購入時の重視点は、「価格」「味・おいしさ」が購入者の6割弱、「品質」「安全性」が各30%台となっています。

過去調査と比べて「品質」「安全性」「品質保持期限・賞味期限」重視の回答は減少傾向です。

 

◆牛乳の摂取方法(複数回答)

牛乳の摂取方法は、「成分無調整牛乳を飲む」が56.4%、「コーヒー・紅茶などに混ぜる」が35.2%。

「コーヒー・紅茶などに混ぜる」「牛乳を使った料理を食べる」は女性比率が高くなっています。

 

◆牛乳摂取に関する意識

牛乳を摂取する人のうち、摂取するよう意識している人は6割弱。高年齢層や飲用頻度が高い層で高くなっています。

「あまり意識していない」は31.7%、男性10・20代で高い傾向です。

 

◆牛乳を飲みたくなるメニュー(全5,857件)

・主に朝起きてのどが渇いている時や、甘いもの、ソースの味が濃い麺料理(焼きそばやナポリタン)などと一緒に食べる(男性26歳)

 

・夏場のパサパサ系のお菓子とともに(男性34歳)

 

・ホットケーキ、カレーライス、カレーパン、あんぱん(男性46歳)

 

・食事と関係なく飲んでいるのでメニューは関係ない(男性69歳)

 

・朝に紅茶やスープに混ぜスムージーを作る。朝の方が気分的に飲みたいと感じる(女性28歳)

 

・カステラ、パンケーキなど粉もの系のお菓子を食べる時に欲しくなる(女性36歳)

 

・パンの朝食時、子供のおやつに付き合う時、牛乳多めのコーヒーを飲む(女性49歳)

 

・甘い物を飲む時に甘さを抑えたくて混ぜることが多い(女性57歳)