Pocket

今年は西日本が例年より早く梅雨入りしました。

関東甲信越もそろそろ梅雨入りしそうですね。

梅雨が嫌いな人が皆さんの周りにもいませんか?

梅雨って皆から嫌われているイメージが強いのですが、私だけでしょうか?

でも、梅雨が無いと困るのは私たちです!

今回は梅雨について少し調べてみたので、よろしければ最後までお付き合いをよろしくお願いします。

 

そもそも梅雨って何?

梅雨は、5月下旬から7月下旬ごろまで続く、雨がよく降るシーズンのことです。

気象庁は、梅雨のことを次のように説明しています。

春から夏に移行する過程で、その前後の時期と比べて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象

つまり、簡単に言うと「春と夏の間で、雨が多く、晴れる時間が少ない季節」が、梅雨なんですね。

梅雨が来るのは、日本だけでなく、東アジアの一部地域(朝鮮半島・中国の南部)にもやってきます。

 

梅雨の語源

梅雨の語源には諸説ありますが、有名なところをいくつか紹介しましょう。

  • ちょうどウメ(梅)が熟する頃の雨だから
  • 雨が降ってカビが生えやすいので黴雨と書いた(黴はカビのことで、「ばい」と読みます)
  • 中国で梅雨と書いていたので、それがそのまま伝わった
  • 毎日雨が降るから、「毎」が「梅」に変わった
  • 他の季節の倍以上雨が降るから「ばいう」になった

どの説が本当なのか。。。

 

梅雨が起こる仕組み

1.梅雨の原因は梅雨前線

梅雨の原因は、梅雨前線が雨を降らせるからです。

前線とは、北から流れてくる冷たく湿った空気と、南から流れてくる暖かく湿った空気がぶつかる場所のことです。

梅雨にできる前線なので、梅雨前線と呼びます。

前線では温度の違う空気がぶつかるので、雲ができやすく、天気が悪くなります。

 

2.雨が降り続くしくみ

梅雨前線ができて雨が降り続くしくみは、次のとおりです。

  1. 暖かい空気と冷たい空気がぶつかると、暖かい空気の方が軽いので上昇する
  2. 暖かい空気に含まれていた水蒸気が上空で冷えて雲ができる
  3. 雲の中の水滴が大きくなると、雨として地上へ降りてくる

5月下旬から7月上旬ごろは、日本の北東から冷たい空気、日本の南東から暖かい空気が流れて来ています。

どちらかの空気の勢いが弱くなるまで梅雨前線は消えることがなく1から3が繰り返されます。

 

梅雨があるといいことがある!

梅雨がうっとうしいと感じる人も多いでしょうが、梅雨には多くのメリットがあります。

1.梅雨があるから夏にプールが使える

梅雨に雨が降らないと、公園の噴水が止まったり、学校のプールが使えなくなったりします。

それは夏に水不足が起きるからです。

日本の水道の多くは、ダムに溜まった雨水を利用しているので、梅雨に十分な雨が降らないと夏に使える水に影響が出ます。

水不足がひどくなると、家の水道も使えなくなるので、本当に困りますよ。

 

2.野菜や米が良く育つ

梅雨があることで、野菜やお米などの農作物がよく育つようになります。

野菜やお米などの農作物が育つには多くの雨が必要です。

農家さんは日本の気候に適した作物を栽培しているので、梅雨に雨が降ってくれないと、農作物が育たないのです。

梅雨に雨が降らなければ、野菜が育たず値段が上がって、皆さんの生活にも悪影響を与えます。

梅雨の雨は農業に欠かせないのです。

 

最後に

多くの人にとって、梅雨は一番嫌いな季節かもしれません。

しかし、梅雨に雨が降れば夏の水不足が防げるので、野菜やお米などの植物も元気に育ちます。

梅雨の仕組みを理解して、優しい気持ちで楽しく過ごせるように工夫してみましょう。

雨で買い物に行きたくない人は便利な宅配サービスを利用しましょう。

外出を控えたくなるこの時季の “面倒” と、それでも気になる “健康” はマム・シモムラにお任せください。

非接触でお届けできますので安心ください。

宅配・試飲のお申し込み はこちらをご覧ください。

取扱い商品が気になる 方はこちらをご覧ください。