Pocket

日本では「春は花、秋は月」を愛でて、季節を楽しんできました。

お月見は「中秋の名月」を鑑賞する伝統的な行事で、秋の夜空にのぼる月に、人々は収穫の感謝を込めて祈り、来年の豊作を願ったそうです。

今年(2021年)は、8年ぶりに名月が満月となります。

ぜひ、一年でいちばん美しいとされる月を楽しみましょう。

 

十五夜・中秋の名月が満月と限らないのはなぜか

「中秋の名月」は「十五夜」ともいわれます。

旧暦(太陰太陽暦)8月15日夜の月ことです。

旧暦で秋にあたるのは、7・8・9月で、それぞれ初秋・中秋・晩秋と呼ばれていました。

そのため、この日の月を「中秋の名月」と呼び、一年のうちで最も美しいとされ、古より観月の行事が催されてきました。

中秋の名月は、必ずしも満月なるとは限りません。

旧暦では新月の日を朔日(1日)としていました。

そのため、月の満ち欠けの中間点にあたる15日が満月であると考えられていたのですが、実際には、月の公転軌道は楕円形で、新月(朔)から満月(望)までの日数は13.9日から15.6日と変化があります。

2021年は、8年ぶりに中秋の名月が満月になります。

 

収穫祭とも関係のあるお月見、十三夜も忘れないでね

中秋の名月を鑑賞する風習は、平安時代に中国から伝わったといわれています。

 

中秋の名月が満月になるのは8年ぶり

2021年は、久しぶりに満月を楽しめるお月見となります。

2023年までの3年間は中秋の名月と満月の日付が一致します。

その後は、7年先の2030年まで待つことに。

9月21日の朝8時55分頃が「望」になる時刻で、21日の夕方18時頃に東の空から昇ってくる月は「望」から9時間ほど過ぎた月です。

そのため「望」の状態により近いのは、21日の未明から明け方に西の空に輝く月ということに。

満月に近いのは「有明月」、名月は「宵月」ということになりますね。

明け方と宵、1日に2回お月見を楽しむのも良いかもしれません。

 

【中秋の名月と満月の日時(望の時刻)】
●2021年

名月・満月/9月21日(08:55)

●2022年
名月・満月/9月10日(18:59)

●2023年
名月・満月/9月29日(18:58)

●2024年
名月/9月17日
満月/9月18日(11:34)

●2025年
名月/10月6日
満月/10月7日(12:48)

●2026年
名月/9月25日
満月/9月27日(1:49)

参考文献
『アストロガイド 星空年鑑 2021』 アストロアーツ
岡田芳朗・松井吉昭『年中行事読本』 創元社

 

参考サイト
アストロアーツ
国立天文台